2020-2021年度ロゴ

月報(最新号)

2020年7月

2020年7月

これまでの月報はこちら

岡山西ロータリークラブ
〒700-0827
岡山市北区平和町1-10 高塚ビル2F
TEL:086-233-7310
FAX:086-225-5300

会長挨拶

藤原 恵子 会長 藤原 恵子

本年度のクラブ運営方針

 岡山西ロータリークラブ第60代会長を務めさせていただきます。微力ではありますが,クラブの素晴らしい歴史と伝統を築かれた諸先輩及び会員の皆さまのご指導,ご協力を賜りながら,重責を全うしたいと存じます。

 私たちのクラブは,昭和36年3月2日に設立され,今年度は創立60周年を迎えるという節目の年にあたります。令和3年3月には記念式典の開催を予定していますが,どうか会員の皆さまのお力添えをよろしくお願いします。また,今年度は国際ロータリー第2690地区ガバナーを当クラブから輩出していますので,令和2年10月に予定されている地区大会やその他地区の行事にも積極的に参画・支援を行っていく必要があります。

 令和2年になってから,新型コロナウィルス感染症が世界的に蔓延し,これがロータリークラブの活動にも大きな影響を及ぼしています。国際ロータリーでは,現在コロナウィルスの動向を把握しつつ,コロナウィルス禍から地元や世界の人々を守るためロータリーとして何が貢献できるかに真剣に取り組もうとしています。地区補助金,災害救援補助金,ロータリー災害救援基金等の活用も検討されています。私たちのクラブでも今後の状況を注視しながら,自分たちが貢献できることに取り組んでいくことが求めれるでしょう。

 以下には,国際ロータリー会長のテーマと地区ガバナーのスローガン及び地区目標を簡単に紹介した後,岡山西ロータリークラブの本年度のスローガン及び具体的運営方針を述べます。


○ 2020−2021年度のホルガー・クナーク国際ロータリー会長のテーマは「ロータリーは機会の扉を開く」です。

  ロータリーの「世界を変える行動人」キャンペーンは,ロータリーが公共認識を高める上での新しい可能性をもたらし,「それぞれの地域性や文化を尊重しつつ,ロータリーの国際的なイメージを伝えるのに最適なキャンペーン」としています。ロータリーは,クラブに入会して活動する機会だけではなく,地球規模から地域社会までの大小さまざまな奉仕の機会への扉を開いてくれます。

  ロータリーは自ら組織や活動の多様化や持続可能な変革を目指していますが,その会員基盤を強化するために女性会員や若年会員に広く扉を開くことが求められます。ロータリーのビジョン声明の冒頭の一語「together」はそのことを象徴しています。ビジョン声明を基礎として新たに策定した「行動計画」を実施に移す段階になりました。ロータリーがより大きなインパクトをもたらし,参加者の基盤を広げ,参加者の積極的な関わりを促し,適応力を高めていくことを目指します。そのために,各ロータリークラブにおいても戦略立案会議を開催して,5年後のあるべき姿を模索することが必要です。


○ 2019−2020年度の菊池捷男国際ロータリー第2690地区ガバナーのスローガンは,「こころの扉を開こう」です。

  国際ロータリー会長は,「together」という言葉を引用して,ロータリーを楽しもうと語りかけました。そのためにはロータリーの仲間と集まり,胸襟を開いて語り合うことが重要です。国際ロータリーの本年度のテーマ「ロータリーは機会の扉を開く」を受けて,地区のスローガンを「こころの扉を開こう」としました。

  ロータリーの活動は,同時に,ダイバーシティ(多様性)を受け入れることに通じ,知らないうちに寛容の心を育ててくれることはもとより,知らず知らずのうちに私たち自らを高めることにも通じます。


○2020−2021年度の地区目標(岡山西ロータリークラブに該当する主な項目)

1.最重点目標

  • 会員増強:クラブの規模により1名以上の増強が求められていますが,岡山西ロータリークラブとしては純増2名以上を目標とします。

2.重点目標

  • ロータリー賞取得:岡山西ロータリークラブとしてもロータリー賞の取得を目指します。
  • ポリオ根絶への協力:世界ポリオデー(10月24日)に合わせた地区イベントへの参加・支援します。
  • ロータリー財団等への支援:ロータリー財団へ年150ドル/人とポリオプラスへ30ドル/人の寄付を求めます。米山奨学会へは普通寄付5,000円/人と特別寄付10,000円/人を目標とします。
  • ロータリーカード取得・利用への協力:クラブ内の取得率15%以上を目指します。
  • 補助金の活用:地区補助金やグローバル補助金を利用した地元や海外での効果的な活動を目標とします。
  • 2021年ロータリー国際大会への参加: 2021年6月12 ~ 16日に開催される台北大会にグループ内で10名以上の参加を目標とします。

○ 岡山西ロータリークラブの本年度スローガンは,「オープンで多様性のあるロータリーへ!」とさせていただきます。

 国際ロータリーのテーマは,昨年度の「つなぐ」から本年度は「扉を開く」となりました。時代の変化に応じて真摯に自らを変革しようというメッセージが込められているようにも思われます。人と人とのつながり,クラブと社会とのつながり,クラブへの参加や奉仕活動機会の拡大等に広く「扉を開く」ことによって,オープンで多様性のあるロータリーを目指すことにより,公共認識を一層高め,私たちの成長を目指したいと思っています。

 本年度は以下の具体的方針に基づいて,ロータリークラブ会員同士の交流を深め,共に奉仕活動に携わる一年にいたします。また,新型コロナウィルス禍に対しては,地域や世界の情勢を踏まえて柔軟に対応してまいります。

 どうぞよろくお願いいたします。


(具体的方針)

①参加して楽しい例会を目指します

  • 会員同士が声を掛け合い,例会に参加しましょう。
  • 会員の卓話を増やし,会員参加型の例会にします。

②共に行動する会員を増やしましょう

  • クラブの歴史と伝統,格式に相応しい若年齢層へ入会を勧誘します。
  • 組織の活性化と多様性のためにも,女性の入会を勧誘します。

③時代の変化に応じた活動の多様化とクラブ運営に努めます

  • 形がい化したクラブ事業を見直し,会員の皆さまのご意見を伺いつつ,密度が高く効率の良いクラブ運営に努めます。
  • 地域や地球規模の災害,病禍等に対しては地区の方針に従って柔軟に支援できるよう検討します。

④国際的な奉仕活動の継承と発展に努めます

  • 42年の歴史を誇る台南ロータリークラブとの友好関係を継続し,共に協力して実行する国際的な奉仕活動を模索します。

⑤ロータリー財団等を支援します

  • 地区目標に従ってロータリー財団等への支援を継続します。
  • 米山奨学生への支援についても従来通り継続します。